パスタ別パスタソースとの相性

パスタ別パスタソースとの相性

パスタは外食でもご家庭でもよく食べられると思います。様々なお店で美味しいパスタが食べられるのはもちろん、ご家庭でも通販のお取り寄せ冷凍パスタを楽しんだり、パスタ料理を作るためのこだわりの業務用調理器具を使い本格的で美味しいパスタ料理を楽しんだりできます。そんなパスタには様々な種類のパスタがあり、パスタそれぞれに相性の良いパスタソースがあります。
ここではその一部をご紹介します。様々なパスタやパスタソースをお楽しみください。

■スパゲッティ

スパゲッティ日本人にとって、もっとも馴染みのあるパスタです。イタリア語で「紐」を意味するspagoが語源です。
一般的には、断面が円形になっており太さが1.6mm〜1.9mm前後の棒状のロングパスタを指します。
オイル系、トマトソース、クリームソースなどいろいろなパスタソースに合わせやすい万能なパスタです。

■カペリーニ

スパゲッティ極細のロングパスタで、太さが1.0mm〜1.1mm前後の棒状のロングパスタです。1.0mm以下のものも同じくカペリーニと呼ばれる場合もあります。イタリア語の「髪の毛」を意味するcapelloから付いた名称です。とっても細いので、パスタソースはスープソースに合います。夏場の冷製パスタなどに使用すると、あっさり召し上がることができると思います。

■パッパルデッレ

パッパルデッレ幅が10mm〜30mm前後にもなる平打ちのロングパスタです。イタリア語で「たくさん食べる」という意味のpappareが語源と言われています。
右の写真のものはタリアテッレに近い太さですが、もっと太いタリアテッレを「パッパルデッレ」と呼んでいます。
日本のきし麺に似ているこのパスタは、主にクリーム系のパスタソースと相性が良いです。ボローニャ風ミートソースとも相性が良く、おすすめです。

■ペンネ

ペンネ円筒状のショートパスタで、両端を斜めにカットしたものです。イタリア語で「ペンの複数形」をpenneと言い、パスタの両端がペン先のようになっているためこの名前が付いたとされています。ペンネには表面がつるつるなものと筋が入ったものがあります。
ペンネはアラビアータが有名で、筋が入ったものはソースと絡みやすくなっているため、濃いソースとの相性が良いです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100021054&eid=15